ナビゲーション
栄養満点&朝食やおやつにも!フライパンでつくる簡単「スペルト小麦のグラノーラ」

栄養満点&朝食やおやつにも!フライパンでつくる簡単「スペルト小麦のグラノーラ」

こんにちは!ハーブ料理研究家の桑村です。栄養満点でGI値も低い食材として注目されている「スペルト小麦」。普段皆さんが使っている小麦の原種にあたる古代穀物です。この古代小麦「スペルト小麦」を使った、ほのかな甘みとシナモンの香り、ココナッツオイルの甘さが魅力の簡単グラノーラの作り方を紹介したいと思います。

フライパンでさっと作れるので、朝食やおやつにもぴったりなグラノーラです。ミルクやヨーグルトと一緒に食べるのもおすすめです。

著者/桑村 和子

ハーブ料理研究家、ハーブ講師。私たちの健康や食文化に欠かせない植物「ハーブ」の魅力を発信中。ハーブ料理教室「手作り香房なごみ」を主催し、ハーブ活用術講座など多数開催。

スペルト小麦のグラノーラの材料(2人前)

材料

スペルト小麦粒

大さじ8

ココナツオイル

大さじ1

お好みの素焼きナッツ

大さじ2

無添加・無塩タイプ

ドライフルーツ

大さじ2

はちみつ

大さじ2

お好みで

シナモン

適量

お好み

ひまわりの種

適量

スペルト小麦のグラノーラ~準備編~

1.スペルト小麦の形状について

スペルト小麦の加工タイプ(形状)には、大きく分けて2種類あります。1つは、小麦そのままの状態「小麦粒」。そして、小麦に加工された状態のものです。グラノーラを作る際は、「小麦粒」の物を選ぶようにしましょう。

また、スペルト小麦の代わりにオーツ麦やオートミールなどでも作れます。色々試してお好みの物を見つけてみてはいかがでしょうか。

2.素焼きナッツを砕いておきます

ナッツ類は、できれば無添加・無塩の素焼きナッツを準備しましょう。ジップロックやビニール袋にナッツを入れ、綿棒などでたたいて砕きます。強くたたき過ぎると袋が破けてしまうので気をつけて下さい。また、手などをたたかないよう注意しましょう。

写真は、ナッツを砕いた状態です。お子さんでも食べやすいように今回はナッツを砕いていますが、お好みで砕かずにそのまま使って頂いてもかまいません。

3.ドライフルーツについて

ドライフルーツは、お好みの物を用意しましょう。果物の素材の甘さもあり、健康の為にもなるべく砂糖不使用の物がおすすめです。ですが、砂糖不使用の物がスーパーなどで中々手に入らない場合は、はちみつの量などを調整してください。

お好みで、ひまわりの種などを加えて頂くと、味の変化や見た目も良くなります。

スペルト小麦のグラノーラ~調理編~

4.スペルト小麦を炒っていきます

フライパンにスペルト小麦を入れ、色がつくまで中火で炒っていきます。スペルト小麦全体に火が通るように、木べらなどで混ぜながら炒めましょう。この時、焦がさないように気を付けて下さい。

5.ココナッツオイルを入れて、なじませます

スペルト小麦が色づいてきたら、ココナッツオイルを加えて全体になじませて下さい。ココナッツオイルの甘い香りがグラノーラの風味をより良くしてくれます。ココナッツオイルはダイエットに向いていると注目されているオイルです。普段から調理に使うのもおすすめです。

6.ナッツやドライフルーツを入れます

火を止めて、ナッツやドライフルーツ、ひまわりの種、はちみつを加えよく混ぜ合わせます。よく混ざったらシナモンを加え、もう一度火を付けて軽く炒めましょう。

炒めたら、クッキングペーパーやバットに広げるように置いて冷まします。作りたては熱いので気を付けて下さいね。はちみつを使っているので、冷めると固まります。食べるときはスプーンなどで、崩してあげると食べやすくなります。

多めに作って保存も可能!

今回作ったグラノーラは、はちみつを加えているので固まってしまいます。作る際に、はちみつを抜いて作ったグラノーラは、冷めたら消毒した保存瓶に入れて2、3日常温で保存できます。その際は湿気らないように保存してください。乾燥剤などを入れておくのもよいでしょう。

ただ、夏場などの暑い時期などは当日に食べるか、冷蔵庫で保管することをおすすめします。

アレンジ!牛乳やアーモンドミルクと合わせるのもおすすめ!

はちみつのほのかな甘さとシナモンの香りが特徴のグラノーラはそのまま食べても美味しく、ココナッツオイルの甘い香りが幸せな気持ちにしてくれます。

また、牛乳やアーモンドミルクをかけて食べると、また違った味わいを楽しめます。甘味が足りないようでしたら、はちみつをかけて下さいね。

enjoy cooking!

栄養たっぷりの簡単「手作りグラノーラ」

フライパンで手軽に作れる自家製グラノーラ。スペルト小麦を使って作ることで栄養価も高く、子供たちのおやつとしても最適です。作り置きしておくのもいいですね。

また、甘味もはちみつではなく、ココナッツチップやメープルシロップにすることでサラッとした口当たりの良い味わいに。オイルは、オリーブオイルに代えるとさっぱりとした仕上がりになります。作り方を覚えて、自分なりのアレンジができるのも嬉しいポイントです。

それぞれの味の特徴があるので、ぜひ自分好みのグラノーラをみつけて下さい。