ナビゲーション
フライパンでもカリフワッ、揚げないエビの和風フリッター

フライパンでもカリフワッ、揚げないエビの和風フリッター

管理栄養士の坂田です。今回は、青のりを入れた、えびの和風フリッターをご紹介します。フリッターといえば油で揚げるのが一般的ですが、今回はフライパンで揚げ焼きにするので、片付けの手間も少なく楽チン!さっそくつくりましょう!

著者/坂田芽唯

管理栄養士。レシピ提供、料理動画制作を中心に活動。カフェ、宅配食などのメニュー提供の実績あり。ヘルシーで見た目の楽しい料理が目標。趣味茶道で、和文化が好き。

揚げないえびの和風フリッターの材料

材料(2人分)

具材

冷凍むきえび

120g

大さじ1

薄力粉

150g

ベーキングパウダー

小さじ1

白だし

小さじ1

ふたつまみ

50cc

青のり

小さじ1

サラダ油

大さじ3

ごま油

小さじ1

ソース(お好みで)

中濃ソース

適量

マヨネーズ

適量

レモン

適量

揚げないえびの和風フリッターの作り方~準備編~

1.まずはえびの下準備

冷凍むきえびは、事前に解凍しておきます。レンジの解凍機能を使うか、調理の4時間ほど前に、冷凍むきえびを冷蔵庫に移しておきましょう。臭みの元になるので、むきえびから出てきた水気はしっかり切っておきます。

解凍したむきえびに、酒をふり、3分ほど時間をおいてなじませます。これで、えびの下準備は完了です。

2.むきえびに下味をつける

フリッター液をつくって、えびとなじませます。別のボウルにフリッター液を用意せず、エビが入ったボウルにどんどん材料をまぜてつくってOKです。まずは、白だしを加えてむきえびの表面に味を馴染ませます。

続いて、青のりを加えます。青のりの香りをしっかりと感じたい方は、分量より多めに入れても問題ありません。お好みで調整してくださいね。

続いて、塩を加えましょう。塩を加えたら、全体が馴染むまでさっと混ぜ合わせます。これで、むきえびの味付けは完了です。このまま、5分ほどおいて味を染み込ませましょう。

3.フリッター液をつくる

えびにフリッター液をつけていきます。先ほどのえびのボウルに、薄力粉とベーキングパウダーをふるわずに加えます。

粉類を加えたら、水を加減しながら加えて混ぜ合わせます。えびから出てきた水分量が多いと、フリッター液がゆるすぎてしまうことがあるので、少しずつ様子を見ながら加えるのがおすすめです。えびから水分が出ていないときは、分量通りの水を加えてください。

小麦粉のダマがなくなり、なめらかになったら、フリッター液の完成です。

揚げないえびの和風フリッターの作り方〜調理編~

4.サラダ油とごま油を混ぜ合わせる

サラダ油とごま油を混ぜ、油に香りづけします。こうすることで、ごま油がやさしく香り、より美味しい和風フリッターに仕上がります。

5.中火で油を熱する

油をフライパンに入れ、中火で熱します。温度のチェックは、乾いた菜箸の先を油に入れて判断しましょう。菜箸の先から気泡がでるようになったら、油が適温になった合図です。今回は、直径22センチのフライパンを使用しました。フライパンは、底が小さめのものを使用すると、少ない油でも具材が油に浸りやすくておすすめです。

6.えびを揚げ焼きにしよう

油が適温になったら、衣をたっぷりつけたえびを入れます。表面がきつね色になったら裏返し、両面を揚げ焼きにしましょう。一度に多くのえびを入れすぎると、油の温度が下がって「べちゃり」とした焼き上がりになってしまいます。一度に揚げる量は、2〜5個程度にしましょう。

7.両面がきつね色になったら焼き上がり!

写真のように、両面がきつね色になったら、焼き上がりです。何回も焼いていると、次第に油の量が少なくなってきますが、基本的には油は足さないで大丈夫です。どうしてもうまく揚げ焼きにならない場合は、油大さじ1を足し、しっかり温度をあげてから揚げ焼きにするのがおすすめです。余計な油を使いすぎないことで、ヘルシーな上に、片付けの手間も大幅に減りますよ。

8.お好みでソースやレモンを添えて完成

そのままでも、青のりと塩味が効いていますが、お好みで中濃ソースやマヨネーズ、レモンを添えてお召し上がりください。

カリッと仕上げるコツは温度管理!

油の温度が低いと、衣が油を吸いすぎてしまい、フリッターのカリッとした食感が損なわれてしまいます。油の温度には注意し、一度揚げ焼きにしたら、再度温度をしっかりあげて、次の具材を調理するようにしましょう。

余ったフリッター液でお好みの具材を焼いて

もしフリッター液が余ったら、捨てずにお好みの具材でフリッターを楽しむのもおすすめです。今回は、冷蔵庫にあったたまねぎをフリッターにしてみました。高温で焼いたことでたまねぎがとっても甘くなり、青のりの風味と抜群にマッチ!ほかにも、アスパラや海鮮類もフリッターに合います。

いざ実食。カリッ、プリッ!とした食感がやみつきに!

さっそく、焼き立てで食べてみました。まず、噛んだ瞬間の衣のカリッとしたいい音!やみつきになりそうです。さらに、カリッとした後にくる、えびのプリッとした食感がとにかく楽しい!青のりの風味もかなりしっかりと感じられて、スナックのような感覚でぱくぱく食べられてしまいます。これは、ビールが欲しくなります・・・(笑)

ソースで味の変化も楽しんで

味の変化をつけるために、ソースも用意しました。フリッターといえば、ケチャップとマヨネーズが一般的ですが、今回は和風フリッターなので「中濃ソース」と「マヨネーズ」をチョイス!青のりとソースがマッチして、お好み焼きのような風味が楽しめます。

さっぱりといただきたい時は、シンプルにレモン汁をかけるのもおすすめです。レモンの爽やかな酸味が、油のコクをやわらかくしてくれますよ。

enjoy cooking!

お手軽和風フリッターで料理上級者気分を味わって

フリッターといえば、洋風メニューのイメージですが、今回は青のりと白だしを使った和風のフリッターをご紹介しました。おもてなしのお料理に出せば、一風変わった料理でこなれ感を演出できますよ。しかも、揚げずにお片付けも簡単なので、ぜひ気軽に料理上級者気分を味わってくださいね。