新着記事

台湾の朝ごはん!鹹豆漿(シェンドウジャン)風豆乳スープのレシピ

yurika

世界の料理をシンプル化したレシピが得意なフードコーディネーターのyurikaです。今回は台湾の朝ごはん「鹹豆漿(シェンドウジャン)」風豆乳スープのレシピをご紹介。豆乳に酢を加えることでトロトロの豆腐状になり、パクチーやザーサイの台湾風の味わいがやみつきになるスープですよ。それでは作っていきましょう!

鹹豆漿(シェンドウジャン)風豆乳スープの材料(2人分)

主な材料

豆乳 無調整 400ml
鶏むね肉  100g
長ねぎ  10cm
油揚げ  1枚
ザーサイ  20g
桜エビ  大さじ1

調味料

ごま油  小さじ1 
鶏がらスープの素  小さじ1
醤油  小さじ1
酢  大さじ2

トッピング

ピーナッツ 粗く砕く 適量
ラー油  適量
粗びき黒こしょう  適量
パクチー ざく切り 適量
調理時間:20分

鹹豆漿(シェンドウジャン)風豆乳スープの作り方

エンジョイクッキング!

台湾気分を味わえるとろとろ豆乳スープ

台湾気分を味わえるとろとろ豆乳スープ

酸味の効いたとろとろの豆腐が優しい味わいの台湾風豆乳スープ。パクチーやザーサイのエスニック感溢れる風味に、ピーナッツのごろっとした食感がアクセントになってするするっといけちゃう美味しさです。
鶏肉が入っているので食べ応えもあり、朝ごはんにぴったりな一品。「油條」風の油揚げはスープにさっと浸して食べるとサクッとした食感を楽しめ、ひたひたに浸して柔らかくしても美味しくいただけますよ。身近な食材で台湾に行ったような気分を味わえるので、ぜひ試してみてくださいね。

著者/yurika

フードコーディネーター/料理研究家。食系のメディア制作会社での経験を経て、現在はフリーランスとして食品企業のレシピ開発、フードコーディネート、レシピ写真・動画制作等に従事。手間をかけずに簡単に作れる、工程をシンプル化した時短料理が得意。約20カ国を旅した旅行好きで、世界の料理を手軽にアレンジしたレシピを研究中。

このレシピが含まれるまとめ

「スープ・汁物」の関連記事

レシピルマガジン レシピル 特集記事

カテゴリー一覧