ナビゲーション
小麦粉、バター不使用でこんなにおいしい!米粉のひとくちドーナツ

小麦粉、バター不使用でこんなにおいしい!米粉のひとくちドーナツ

お菓子研究家のkinakoです。今回は、小麦粉もバターも使わない、米粉を使ったひとくちドーナツをご紹介します。米粉を使うと外はカリっと、中はふんわりのサーターアンダギーのような食感で、食べ応え満点のドーナツになりますよ!

小麦粉アレルギーの方や乳製品アレルギーの方、グルテンフリーでお菓子を楽しみたい方にもおすすめのレシピです。ではさっそく作っていきましょう!

著者/kinako

焼き菓子工房『CUIRE』にて、焼き菓子のオンラインショップを運営。また、焼き菓子ブログ『CUIRE 焼き菓子研究所』にて焼き菓子を中心としたレシピを提供。複数のWebメディアにてレシピライターとしても活動中。

米粉ドーナツの材料

材料

L1個

ブラウンシュガー

60g

その他砂糖でも代用可

バニラオイル

適量

米粉

110g

バーキングパウダー

1g

ひとつまみ

サラダ油

10g

仕上げ用

微粒子グラニュー糖

適量

きな粉

適量

米粉ドーナツの作り方~準備編~

1.卵液を作ろう

ボウルにときほぐした卵、ブラウンシュガー、バニラオイルを入れ、よく混ぜます。泡立てる必要はないので、砂糖をすり潰すような感覚でぐるぐる混ぜてください。砂糖の塊や卵のムラがなくなるまで混ぜましょう。今回はコクと香りを出すためにブラウンシュガーを使いましたがその他きび砂糖や上白糖、グラニュー糖でも代用可能です。お好みの砂糖を使ってください。

2.粉類を合わせておこう

別のボウルに米粉、ベーキングパウダー、塩を入れ、ホイッパーで混ぜます。米粉はサラサラとしてダマになりにくいので、ふるわずそのまま使って大丈夫です。混ぜ終わったら真ん中をくぼませておきます。

米粉ドーナツの作り方~調理編~

3.卵液と粉類を合わせよう

工程2のボウルのくぼませた部分に工程1の卵液を加えます。ホイッパーで真ん中からぐるぐる混ぜ、周りの粉類を少しずつ崩しながら巻き込むように混ぜていきます。粉っぽさがなくなって、生地がひとまとまりになったら混ぜ終わりです。混ぜ過ぎると仕上がりの生地が硬くなってしまうので、混ぜ過ぎには注意しましょう。

4.サラダ油を加えよう

工程3のボウルに少しずつサラダ油を加えます。初めは馴染みにくいので、少し加えては混ぜ、馴染んだら再び加える、を繰り返します。サラダ油を全て加え、しっかり全ての材料が混ざり切ったら、画像のような硬めのクリーム状になります。粉っぽさがなく、油が分離していないか確認できたら生地の完成です。

5.生地を揚げよう

鍋に揚げ用油を入れ、150℃まで温めます。生地を絞り袋に詰め、鍋の油にくぐらせた大さじに絞り出します。そのまま揚げ油に投入するか、大さじから離れにくい場合はスプーン等でくり抜いてください。絞り袋が無い場合は大さじですくってスプーンでくり抜いて揚げ油に落としましょう。

仕上がりの形にこだわらなければスプーンですくって落としても、形がランダムになって味のある仕上がりになりますよ。

6.グラニュー糖ときな粉をまぶしたら完成です!

こんがり揚げ色がついたら油を切り、温かいうちにグラニュー糖やきな粉をまぶします。冷めるとグラニュー糖が付き辛くなってしまうので、粗熱が取れたらすぐにまぶしてください。チャック付き袋やポリ袋にドーナツとグラニュー糖を入れて、しっかり口を閉じて振ると、まんべんなく砂糖をまぶす事ができます。

グラニュー糖は通常の粒の大きさでもかまいませんが、微粒子の物を使うとしっかりドーナツに付いて、見た目もプロっぽく仕上がるのでおすすめです。ドーナツは甘さ控えめなので、甘さがもう少し欲しい場合はきな粉にお好みで砂糖をプラスしてください。

じっくり低温で揚げるのがポイント!

しっかり目の詰まったドーナツなので、低温でしっかり中まで火が通るように揚げます。油が熱くなり過ぎた場合は時々火を弱め、なるべく150℃を保ちながら温度調整して揚げてください。揚げ色がついてきたら転がしてムラのないようにしましょう。揚げ時間は12〜13分が目安です。

いざ実食。外はカリっと!中はふんわりが美味しい!

薄力粉ではなく米粉を使う事で、外側はカリっとしたサーターアンダギーのような食感になります。ドーナツとサーターアンダギーが一度に味わえたみたいで得した気分。(笑)そして揚げた米粉の香ばしさときな粉の相性が抜群です!和菓子派の方にも喜んでもらえるようなお味です。小麦粉アレルギーでドーナツを楽しめなかった方にもとってもおすすめです!

enjoy cooking!

グルテンフリーで、しかもヘルシーに!

米粉と薄力粉の違いはグルテンです。グルテンが入っていない米粉を使うドーナツは、生地に粘り気が出にくくふんわりはしませんが、その分サクサク感が出てしっかり食べ応えのあるお菓子に仕上がります。グルテンフリーな食生活を送っている方にも嬉しいおやつですね。また、バターを使わずサラダ油を使用する事で、ヘルシーなおやつにもなります。サラダ油は、その他太白ごま油や米油等で代用も可能です。

一見罪悪感が高そうなドーナツでも、少し材料をアレンジするだけで、健康志向のおやつにする事もできます。

ぜひこのレシピで、美味しくて体が喜ぶおやつを楽しんでくださいね!