ナビゲーション
混ぜるだけ簡単!プロ級濃厚かぼちゃプリンのレシピ

混ぜるだけ簡単!プロ級濃厚かぼちゃプリンのレシピ

お菓子研究家のkinakoです。今回は、混ぜるだけで簡単にできる、プロ級の濃厚かぼちゃプリンをご紹介します。製菓用の特別な材料無しで、しかも混ぜるだけで簡単に作れる本格かぼちゃプリンです。冷やして食べるのに、かぼちゃがホクホクする不思議な美味しさ!そして、かぼちゃが濃厚だから、まるでチーズケーキみたいにクリーミー!

かぼちゃペーストは、このレシピ以外のお料理にも使える便利な食材。作り方を覚えておいて、色んなメニューに活用してください。ではさっそく作ってみましょう!

著者/kinako

焼き菓子工房『CUIRE』にて、焼き菓子のオンラインショップを運営。また、焼き菓子ブログ『CUIRE 焼き菓子研究所』にて焼き菓子を中心としたレシピを提供。複数のWebメディアにてレシピライターとしても活動中。

濃厚かぼちゃプリンの材料(ココット型5個分)

材料

かぼちゃペースト

150g

かぼちゃ1/4程度

2個

グラニュー糖

50g

牛乳

90ml

生クリーム

50ml

カラメル

グラニュー糖

80g

20ml

お湯

30ml

濃厚かぼちゃプリンの作り方~準備編~

1.かぼちゃペーストを作ろう

かぼちゃは種とワタを取って3cm程度の角切りにし、大さじ1杯の水を加えてレンジで7〜9分、竹串がスっと通るぐらいまで柔らかくします。大きさにムラがあるとまんべんなく柔らかくならないので、できるだけ大きさは揃えて切りましょう。

皮を切り取って、フードプロセッサーでペースト状になるまで撹拌します。これでかぼちゃペーストは出来上がりです。余ったらラップに包んでチャック付き袋に入れて、冷凍保存もできますよ。

今回はかぼちゃ1/4個を使って300g程度のかぼちゃペーストができました。かぼちゃの大きさによって違ってきますが、小さくても1/4個あれば、かぼちゃペースト150gは充分取れるでしょう。

2.カラメルを作ろう

鍋にカラメル用のグラニュー糖と水を入れ、中火にかけます。溶けた砂糖が透明→白っぽい結晶→茶色い液体と変化するので、それまで混ぜずに鍋をゆする程度にしましょう。薄い茶色からカラメル色になって香ばしい香りが立ったら、蓋を被せて少し隙間を作って、そこから手早くお湯を注ぎます。カラメルが高温で飛び跳ねるので、お湯を入れたらすぐに蓋を閉めてください。

完全に蓋を閉めて、飛び跳ねが落ち着いたら、鍋をゆすってカラメルを溶かします。ムラなくとろみのある液状になったら、熱いうちにココット型に注いで冷ましておきます。

濃厚かぼちゃプリンの作り方~調理編~

3.かぼちゃペーストに砂糖と卵を加えよう

フードプロセッサーにかぼちゃペーストとグラニュー糖を入れ、撹拌します。途中で何度か混ぜて、ムラなく混ぜましょう。かぼちゃペーストとグラニュー糖がなじんだらOKです。

続いてよくといた卵を2〜3回に分けて加え、撹拌します。その都度よく馴染むまで混ぜましょう。なめらかなピューレ状になったらボウルにあけておきます。

4.牛乳と生クリームを混ぜよう

小さめのフライパンか鍋に牛乳と生クリームを入れ、沸騰直前まで温めます。沸騰させてしまうと膜が張ってしまったり、口当たりの悪いプリンになってしまうので、必ず沸騰直前で止めてください。

粗熱を取ったら、工程3のカボチャペーストのボウルに2〜3回に分けて注ぎ、なじむまで混ぜます。潰しきれなかったかぼちゃや、卵の小さな塊等がある場合は、一度濾し器で濾しましょう。なめらかさにこだわりが無い方は、省いてもOKです。(笑)

5.湯せん焼きしよう

ココット型にプリン生地を均等に注ぎ、ひとつずつアルミホイルを被せます。深めのバットに布巾を1枚敷いて、ココット型をセットします。60℃程度のお湯を型の半分ぐらいの高さまで注いだら、予熱しておいた150℃のオーブンで、40〜45分焼成します。

ココット型をゆすって、生地がふるふる揺れなければ出来上がりです。冷まして粗熱を取ったら、冷蔵庫で冷やして出来上がりです!

ホイップクリーム等をデコレーションしたら、より本格的な仕上がりになりますよ。

いざ実食。かぼちゃの味とクリーミーさがたまらない!

たっぷりかぼちゃが入っているから、冷たいのにホクホクする不思議なお味!濃厚でクリーミーなかぼちゃの食感がたまりません!通常のプリンの味もしっかりして、カラメルを合わせるとプリンっぽさが倍増します。もしかしたら、冷やさず温かいままで食べても美味しいかも!?気になる方は、ぜひ一度試してみてください。(笑)

enjoy cooking!

混ぜるだけでプロみたい!なかぼちゃプリン

今回は、より簡単に作るためにフードプロセッサーを使用しましたが、なければ手動で混ぜても作れます。かぼちゃや卵などの身近な食材を使って、特別なお道具も不要で、ここまで本格的なスイーツが作れるんです。お菓子作りのために材料を揃えなくても、冷蔵庫にかぼちゃが余っていたら、いつでもすぐに作れるレシピなので、ぜひ初心者の方も一度チャレンジしてみてください!