ナビゲーション
100均の型で作る!焦がしバターのマドレーヌのレシピ

100均の型で作る!焦がしバターのマドレーヌのレシピ

お菓子研究家のkinakoです。今回は、100均の紙製型を使ってご家庭でも手軽に作れる、焦がしバターのマドレーヌをご紹介します。近年では、貝殻の形のマドレーヌが主流となっていますが、ご家庭で作るには専用の型が必要となり、ちょっとハードルが高いイメージがありませんか?そこで登場するのが、100均でも買えるマドレーヌカップです。

これで、型がないからと諦めていたマドレーヌがとっても手軽に作れますよ!焦がしバターもプロ級に仕上げるポイントです。ではさっそく作ってみましょう!

著者/kinako

焼き菓子工房『CUIRE』にて、焼き菓子のオンラインショップを運営。また、焼き菓子ブログ『CUIRE 焼き菓子研究所』にて焼き菓子を中心としたレシピを提供。複数のWebメディアにてレシピライターとしても活動中。

焦がしバターのマドレーヌの材料(φ75mmのマドレーヌカップ4個分)

材料

無塩バター

65g

L1個

はちみつ

12g

ブラウンシュガー

45g

グラニュー糖でも可

ひとつまみ

バニラオイル

適量

薄力粉

60g

ベーキングパウダー

2g

焦がしバターのマドレーヌの作り方~準備編~

1.まずは焦がしバターを作ろう

鍋にバターを入れ、中火にかけます。バターが溶けたら混ぜながら加熱し、白っぽい細かい泡が立つまで待ちます。

次の段階で、泡が大きくブクブクと煮立つように変化します。この時も、手は止めずに混ぜながら加熱してください。

今度は黄色っぽい細かい泡に変化します。細かいクリーミーな泡に覆われた状態で、混ぜると鍋底が見えます。

覆っていたクリーミーな泡が少しずつ大きくなり、鍋底が見えてきます。混ぜる毎にバターが薄く茶色く色付いて、だんだん焦がしバターに近付いてきます。色の目安はこげ茶の少し手前。こんがり香ばしいバターの香りがしたら火からおろすタイミングです。

色付き始めてから色の変化が急激になるので、手早く混ぜてしっかりタイミングを見極めましょう。

火からおろしたら、すぐに鍋を氷水にあてます。こうして急冷しないと余熱で火が入り、焦げ過ぎてしまうので注意しましょう。

できたら茶こし等で濾して、使うまで冷ましておきます。焦げたバターの粒子が残りますが、茶こしを通るものはそのまま使ってOKです。

焦がしバターのマドレーヌの作り方~調理編~

2.卵液を作ろう

ボウルによくといた卵、はちみつ、ブラウンシュガー、塩、バニラオイルを入れます。入れたボウルよりひと回り小さいボウルを用意し、そこにお湯を入れて、材料の入ったボウルを乗せます。こうして湯せんしながら卵液を温め、40℃程度まで温めます。

温度計が無い場合は、卵のコシが切れて、ホイッパーで持ち上げるとサラサラと系状に落ちる状態を目安にしましょう。

3.粉類を混ぜよう

薄力粉とベーキングパウダーを合わせたものを、卵液にふるいながら加えます。ふるい切ったら、ボウルの真ん中からホイッパーでぐるぐると混ぜ、粉の壁を崩すように少しずつ馴染ませていきます。最終的に粉気がなくなって、ダマがなくなるまで混ぜましょう。

4.焦がしバターを加えよう

最後に、作っておいた焦がしバターを加えます。ゆっくりぐるぐると円を描くように混ぜて、少しずつバターと生地を馴染ませます。分離していた生地とバターが一体化したらマドレーヌ生地の完成です。

5.マドレーヌ生地を型に流そう

できた生地をカップに4等分して流します。カップの高さ半分程度が目安です。マドレーヌは、膨らんだ時にカップより生地が少し低いぐらいが見栄え良く仕上がります。大きさの違うカップを使う場合にも、生地はカップの高さ半分程度を目安にしましょう。

6.オーブンで焼いたら出来上がり!

余熱しておいた180℃のオーブンで、13〜15分焼成します。真ん中にぷっくりとおヘソが膨らんで、カップの縁に焼き色がついたら焼き上がりのサインです。焼けたら型のまま冷まして出来上がり!出来立てのホカホカも美味しいですが、バターが馴染んだ翌日以降もより美味しいですよ。当日食べない分は、ラップで包むか、チャック付き袋に入れて乾燥しないように保存しておきましょう。

マドレーヌは100均の型でも充分美味しく作れる!

今回使用したのは、100均の「マドレーヌカップ」の名前がついた紙型です。使い捨てですが、時々作る程度ならこの型でも充分です。代わりにお弁当用の紙カップでも作れそうですが、このマドレーヌカップは強度があって、お弁当用カップに比べ厚みもあって硬いのが特徴です。ある程度硬さがないと、生地を入れた時に重みで型が変形してしまうので、必ずマドレーヌ用のカップを使用してください。

紙以外にも、柄の入ったアルミのカップ等もあるので、用途や大きさによってお好みの物で作ってみてくださいね。

いざ実食。どこか懐かしい美味しさ!

出来立てのマドレーヌは、表面が少しカリっとして、中はふんわりホカホカで本当に美味しい!これは作った人しか味わえない美味しさ。とはいえ翌日にはバターが馴染んでしっとりして、それはそれでまた美味しい。(笑)

カップで作るシンプルなマドレーヌは、その見た目も美味しさも、どこか懐かしいお味。お母さんが初めて作ってくれた手作りのお菓子を思い出します。このレシピが、作る皆さんの思い出の味になれば嬉しいです!

enjoy cooking!

気軽に作れるマドレーヌ

100均の紙型を使う事で、こんなに気軽にマドレーヌが作れます。同じく100均に売ってるラッピング用の袋に入れてプレゼントすれば、本当にお店みたいな仕上がりになりますよ!ぜひチャレンジして、「また作って!」と言われる、あなたの定番の褒められレシピにしてください。