ナビゲーション
スタミナ満点!にんにく風味のピリ辛パラパラチャーハン

スタミナ満点!にんにく風味のピリ辛パラパラチャーハン

大さじ調味で白ごはんに合うおかず料理研究家の川久景子です。今回は辛さが魅力的なピリ辛パラパラチャーハンをご紹介します。

豆板醤(トーバンジャン)とにんにくのパンチのある辛みと隠し味に使ったみその濃厚なおいしさがしっかりごはんに絡んで思わず抱えこんで食べたくなるチャーハンです。

家庭でも簡単にお店のようなパラパラチャーハンをつくれるコツも合わせてご紹介していますのでぜひ参考にしてチャレンジしてみてくださいね。

では、さっそく作りましょう!

著者/川久景子

大さじ調味で白ごはんに合うおかず料理研究家。フライパン調理が得意。企業のレシピ開発、Web媒体中心に活動中。動画撮影・編集も自ら手がけ、企画立案も行う。年1回一人旅でご当地食材に出会うのが楽しみ。

にんにく風味のピリ辛チャーハンの材料(4人分)

具材

あたたかいごはん

2合(700g)

焼豚

150g

2個

にんにく

2かけ

ねぎ

1本

サラダ油

大さじ2

ごま油

大さじ1/2

合わせ調味料

豆板醤(トーバンジャン)

4g

みそ

大さじ1

しょうゆ

大さじ1

大さじ1

にんにく風味のピリ辛チャーハンの作り方~準備編~

1.まずは焼豚を1cm角に切る

焼豚を1cm角のさいの目に切ります。チャーハンで使う場合、他の食材と混ぜて使うので、あまり大きく切るより1cm角サイズくらいに切ることで調理しやすく、味も絡みやすいです。

2.にんにくをすりおろす

にんにくをすりおろします。薄切りにして使うこともできますが、すりおろすことで味になじみやすく、均等に味が行き渡ります。今回ごはんが2合使うので2かけのにんにくですが、1合ごはんであれば1かけにしてください。

3.合わせ調味料を混ぜよう

小さめのボウルなどに合わせ調味料の材料を混ぜ合わせます。豆板醤やみそは溶けにくいので、この段階でしっかり溶いて液状にしておきます。かたまりが残っていると、ごはんにそのままかたまりが残ってしまうためです。

4.あたたかいごはんに溶き卵を混ぜる

あたたかいごはんに溶き卵を加え、しゃもじでしっかり卵が行き渡り、ごはんに絡まるまで混ぜます。今回の料理でポイントとなるひとつが「あたたかいごはん」を使うことです。

もし、冷ご飯を使う場合は、電子レンジ加熱してから使用してください。

黄色く卵色になるまでごはんを混ぜます。あたたかいごはんに卵を混ぜることで、炒めた時にパラパラになるため、少し手間になりますがしっかり混ぜます。

にんにく風味のピリ辛チャーハンの作り方~調理編~

5.フライパンでごはんを強火で炒める

フライパンにサラダ油(大さじ1)を強火で熱し、油からうっすら白い煙のようなものが出てきたら、卵を混ぜたごはんを一気に加え、薄く平らに広げてそのままいじらず30秒待ちます。

ごはんがチリチリと焼けてきたら、木べらをごはんを切るように動かして炒め混ぜます。

はじめは卵のツヤがでてテカテカしたごはんですが、炒めると照りがなくなり、ごはんがパラパラとした状態になります。

炒めたら一旦ボウルに戻します。

6.焦げないように具材を炒める

フライパンに再びサラダ油(大さじ1)をまわし入れ、焼豚、にんにく、ねぎを入れて炒めます。

にんにくの香りがたってくるまで木べらで焦げないようにします。

7.合わせ調味料を加え、しっかりなじませる

合わせ調味料を加え、具材にしっかり混ざるまで炒め合わせます。

8.ごはんを戻し入れ、ごま油を加える

ごはんを戻し入れ、混ぜ合わせながら調味料がしっかりごはんになじむまで炒め合わせます。ごま油をフライパンの端からまわし入れごはんひと粒ひと粒に照りが出てくるまで炒めます。

9.パラパラになったら完成!

ごはんに照りがでて、パラパラな状態になったら完成です。ごま油を混ぜてから、一旦ごはんが重い状態になりますが、そのまま混ぜながら炒めると軽くなり、パラパラな状態になります。

最大のコツは強火で炒める!

はじめから最後まで、火加減は「強火」のままです。強火で一気に炒めることでベチャッとしたごはんにならず、お店のようなパラパラチャーハンになります。

また、最初にごはんへ卵を混ぜて炒める時、平らに広げていじらずに焼くことでごはんの表面に卵がコーティングされ、パラパラの粒になります。ここで中火にすると、うまく卵がコーティングされないので気をつけてください。

いざ実食。辛いのにパラパラごはんで一気に食べれます!

お店で食べるようなパラパラの状態のチャーハンなので、程よい豆板醤(トーバンジャン)の辛さが一層おいしさを引き出してくれます。隠し味のみそが濃厚な味に仕上げ、食べだしたら止まらないおいしさです!食材の中で唯一歯応えのある焼豚がいいアクセントで噛めば噛むほど焼豚の弾力と辛みがにじみ出てきてクセになります。

enjoy cooking!

お店で食べるような辛チャーハンが家庭で簡単にできます!

辛さの中にみその濃厚さが加わり、パラパラに仕上げたひと粒ひとつ粒のごはんにしっかりなじんでまさにお店で食べる辛チャーハンが家庭で簡単につくれます。お店のようにフライパンを振らなくても、「ごはんを卵に混ぜて先に炒める」「はじめから強火」の2点のコツを掴めば、一般家庭にあるフライパンでできます。豆板醤(トーバンジャン)の辛さとにんにくの味つけでスタミナもつきます。