ナビゲーション
昔ながらの喫茶店の味を手作りで!かためプリンのレシピ

昔ながらの喫茶店の味を手作りで!かためプリンのレシピ

お菓子研究家のkinakoです。今回は昔なつかしい喫茶店のメニューにあったような、かためのプリンをご紹介します。とろっとしたなめらかなプリンも美味しいのですが、しっかり硬さのあるなつかしい卵味のプリンも時々無性に食べたくなります。このプリンはそんな時によく作るレシピです。

カラメルから丁寧に作り、少し手間はかかりますが、特別な材料無しであの卵の味がなつかしいプリンが自宅で作れますよ。ではさっそく作りましょう!

著者/kinako

焼き菓子工房『CUIRE』にて、焼き菓子のオンラインショップを運営。また、焼き菓子ブログ『CUIRE 焼き菓子研究所』にて焼き菓子を中心としたレシピを提供。複数のWebメディアにてレシピライターとしても活動中。

かためプリンの材料(120mlのプリンカップ4個分)

材料

全卵

2個

卵黄

1個

牛乳

200ml

グラニュー糖

40g

バニラオイル

適量

カラメル

グラニュー糖

40g

15ml

熱湯

15ml

かためプリンの作り方~準備編~

1.カラメルを作ろう

鍋にグラニュー糖を入れ、グラニュー糖にかかるように水を加えます。グラニュー糖に水が染み渡ったら中弱火にかけます。しばらくすると大きめの泡が立ちます。この時点では混ぜたりゆすったりせず、そのまま熱し続けます。

しばらくすると泡が細かくなり、薄く茶色く色づいてきます。このあたりから鍋をゆすって茶色い部分をまんべんなく広げていきます。最終的に焦げ茶のカラメル色になったら一旦火を止めます。

すぐに蓋をして少しだけずらし、熱湯を入れすぐに完全に蓋をします。蓋なしで熱湯を加えるとカラメルが飛び散って火傷のおそれがあるので、熱湯を加えたら必ずすぐに蓋をしましょう。蓋が無い場合はアルミホイルで代用してください。

蓋をしたら鍋をゆすってカラメルと熱湯を馴染ませます。

カラメルが熱いうちにプリンカップに注ぎます。カラメルが偏らないようにカップの底に均等にならしましょう。

かためプリンの作り方~調理編~

2.牛乳にグラニュー糖を溶かそう

牛乳を火にかけ温めます。沸騰直前まで温めたらグラニュー糖を加え、ゴムベラ等で混ぜながら完全に溶かします。この時牛乳が沸騰してしまうと口当たりの良いプリンにならないので、必ず沸騰直前で火を止めてください。グラニュー糖が溶けたら粗熱を取っておきます。

3.卵と卵黄を混ぜよう

ボウルに全卵と卵黄を入れ、混ぜます。卵白と卵黄の境目がなくなるまでしっかり切るように混ぜてください。卵白が卵黄に馴染んでいないと卵白がダマになって、口当たりの良くないプリンになってしまうので、しっかり馴染むまで混ぜましょう。

4.牛乳と卵を混ぜてプリン液を作ろう

工程3の卵液に、工程2の牛乳を少しずつ加えて混ぜます。卵液に熱い牛乳を一気に加えると卵が凝固してしまうので、粗熱が取れた牛乳を必ず少しずつ加えてください。加えたらその都度馴染むまでしっかり混ぜます。全て混ぜ終えたら最後にバニラオイルを加え混ぜます。

5.プリン液を型に流そう

カラメルの入ったプリンカップにプリン液を4等分して流します。深めのバット等に布巾を敷いて、その上にプリンカップをセットします。

6.蓋をして湯せん焼きしよう

アルミホイルでひとつずつ蓋をして、50℃ぐらいのお湯をプリンカップの半分くらいの高さまで注ぎます。お湯が熱過ぎると熱が入り過ぎてしまい、水だと熱が入りにくくなってしまうので、50℃くらいのお湯がベストです。温度計が無い場合は、熱湯に水を注いで「熱いけど触れるぐらいの熱さ」まで調整しましょう。

注ぎ終わったら、予熱しておいた160℃のオーブンで30分〜35分焼成します。途中お湯がなくなりかけたら継ぎ足してください。

7.プリンを冷やそう

オーブンから取り出して蓋を外し、カップをゆすってもふるふるした感じが無ければ中まで火が通っている証拠です。逆にまだふるふるする場合は追加で焼成してください。

焼きあがったら型のまま冷まし、冷蔵庫で3時間以上冷やします。できたらナイフ等で型とプリンの間をぐるりと1周し、お皿に乗せて完成です!

湯せん焼きのポイント!

プリンを湯せん焼きする際、布巾を敷く事で火の通りをゆるやかにします。下からの火が強いとプリン液がボコボコと沸いて、プリンに「す」と呼ばれる気泡が入り、見た目も口当たりもよくないプリンに仕上がってしまいます。ひと手間ですが、必ず敷くようにしましょう。

いざ実食。懐かしい卵の味が美味しい!

スプーンを入れるとしっかり硬さがあって、食べごたえのある食感。そして、あの子供の頃に食べた懐かしい卵の味のするプリンになりました。とろとろのなめらかプリンでもなく、イタリアンプリンほど硬過ぎず、絶妙な硬さの私の中の王道プリンです。もう一生プリンはこれでいい!と思うほど。(笑)

今までいろんなプリンを作ってきましたが、この硬さと卵の風味を出すには、この配合がベストでした。少しだけ乗せた生クリームもマッチして、本当に美味しかったです!

enjoy cooking!

一生もののレシピにしたい王道プリン

ガラスのプリンカップを使って、そのまま食べられるレシピで作っても美味しいのですが、やっぱりこのタイプのプリンは型から出して逆さまにして盛り付けた方が見た目にも美味しい。フルーツやアイスクリームをトッピングして、豪華なプリンアラモードにアレンジするのも楽しいですね!子供から大人までみんなが楽しめるレシピなので、ぜひ「我が家の王道レシピ」としてメニューに加えてもらえたら嬉しいです。