ナビゲーション
辛うま!韓国風揚げだし豆腐のコチュジャンソース

辛うま!韓国風揚げだし豆腐のコチュジャンソース

大さじ調味で白ごはんに合うおかず料理研究家の川久景子です。今回は木綿豆腐一丁をペロリと食べれるピリ辛なあんかけを使った揚げだし豆腐です。しょうゆベースの和風揚げだし豆腐もおいしいですが、コチュジャンとにんにくベースのピリ辛あんかけにすることでパンチの効いた味が淡泊な豆腐によく絡んで箸が止まらなくなるおいしさです。

豆腐は揚げずに焼くので調理時間も短く済むのもうれしいポイントです。ではさっそく作りましょう!

著者/川久景子

料理クリエイター。元広告デザイナーがWEBメディアや食関連企業の販促プロモーション、料理レシピ、撮影、動画編集までワンストップで行う。料理で人を、自分を、もっとワクワクさせる、新しい扉を開く未来を目指す。

韓国風揚げだし豆腐のコチュジャンソースの材料(2人分)

具材

木綿豆腐

1丁(300g)

細ねぎ

1/2本(2g)

片栗粉

大さじ2

サラダ油

大さじ3

合わせ調味料

コチュジャン

7g

にんにく

1/2かけ(2g)

すりおろす

砂糖

大さじ1/2

みりん

大さじ1/2

しょうゆ

大さじ1

大さじ1

片栗粉

大さじ1/2

50ml

韓国風揚げだし豆腐のコチュジャンソースの作り方~準備編~

1.まずは豆腐を切って片栗粉をまぶそう

豆腐はサッと水をきったら十字に切って四等分に切り分けます。今回の料理では、豆腐をしっかり水切りする必要はありません。パックから取り出して水を捨てるだけで大丈夫です。厚みはそのままで大丈夫です。

もし、油跳ねなど心配な場合は、切る前に電子レンジ対応のキッチンペーパーに包み、ラップなしで電子レンジで1分加熱後、重しをのせてあら熱をとってから切り分けてください。

こうすることで豆腐に残っていた余分な水分がかなり減らすことができます。

保存用袋に片栗粉、豆腐2切れを入れて袋の口を閉じたら振って粉をまぶします。

取り出したら、残りの豆腐も同様に袋に入れて粉をまぶします。

豆腐を2回に分けてまぶす理由は、袋に4切れ入れて粉をまぶすと豆腐の形が崩れうことがあるため、分けてまぶしています。今回は袋に入れてまぶしていますが、バッターなど平らな容器に入れて粉をまぶす時は4切れ同時にまぶして構いません。

2.ねぎを小口切りに切ろう

ねぎを小口切りに切ります。最後の盛りつけ用に使うため、あまり幅があるより2mm幅程度に切ります。

小口切りにする時、包丁で切っていくとポロポロねぎが散ってしまう場合は、包丁を画像のように少し傾けて切るとねぎの飛散りが軽減されますよ。切り口が少し楕円形になりますが、ねぎを切る時のちょっとしたコツです。

3.合わせ調味料をつくろう

合わせ調味料を混ぜ合わせてつくります。コチュジャンのかたまりがなくなるまで混ぜ合わせます。にんにくはすりおろして使いますが、なければチューブタイプのにんにくを使ってください。

韓国風揚げだし豆腐のコチュジャンソースの作り方~調理編~

4.フライパンで豆腐を焼く

フライパンにサラダ油を中火で熱し、片栗粉をまぶした豆腐を間隔をあけて並べ、焼きます。

豆腐同士が近いと、くっつきやすいので気をつけてください。

油の量は、揚げる必要はないので、はじめは大さじ3を使い、焼いていくうちに足りなければ追加していきます。

5.豆腐の全面をこんがりきつね色に焼く

一面が焼けたら焼く面を変え、約2分ごとに焼く面を変えていくようにして全体にこんがり焼き色をつけていきます。少し焦げるくらいがおいしいサインです!

6.豆腐は焼けたら器に盛りつける

豆腐が焼けたら軽く油をきってから器に盛りつけます。焼きたては油を吸った状態なので、短時間でも油をきることで食べる時に油っぽさを減らすことができます。

7.合わせ調味料を煮立たせる

豆腐を焼いたフライパンをきれいにし、合わせ調味料を入れて煮立たせてとろみをつけます。片栗粉を含んでいるので、沸々し始めるととろみがすぐつくので、絶えずかき混ぜて均等にとろみがつくようにします。とろみが強すぎると食べにくくなるので、気をつけてください。

8.合わせ調味料を豆腐にまわしかけ、ねぎを散らして完成!

合わせ調味料にとろみがついたら器に盛りつけておいた豆腐にまわしかけ、刻みねぎを散らして完成です。

いざ実食。カリカリの豆腐が調味料に絡んでトロトロ食感に!

カリカリに焼いた豆腐の表面が熱々の調味料をまわしかけたことでトロトロに代わり、揚げていないのに揚げたような仕上がりに。表面をしっかり焼いているので、箸で持ち上げても豆腐が型崩れすることもなく、食べやすいです。

コチュジャンに含まれるとうがらしがしっかり効いてやさしい味の中にもすりおろしたにんにくのパンチのある味が加わって斬新な揚げだし豆腐です。

enjoy cooking!

ピリ辛あんかけで豆腐一丁をペロリと食べれる!

定番の和風揚げだし豆腐に代わり、コチュジャンとにんにくベースの韓国風味つけにしたあんかけにしたことで豆腐一丁をペロリと食べれます。カリカリに焼いた豆腐がトロトロ食感に変わることでしっかり味も絡みます。このピリ辛あんかけは温野菜にかけてもおいしいので、ぜひアレンジして楽しんでみてくださいね。