新着記事

しっかり目の味と固めのトロミ付けで失敗なし!基本の「中華丼」のレシピ

料理人 hiro

料理人hiroです。今回は基本の中華丼のレシピをご紹介します。あんがダマになったり、水っぽくなってしまいがちですが、味を決めた上で、水溶き片栗粉をしっかりと混ぜて沸騰しているベースに回数を分けて加えることがポイントです。ごま油香る中華あんでごはんがすすむこと間違いなし!では早速作っていきましょう。

中華丼の材料(2人分)

具材

白ごはん 2合分
豚こま切れ肉 200g
人参 1/2本分
長ネギ 1/3本分
椎茸 2個
生姜 15g
白菜 400g

調味料A

ごま油 大さじ1
少々
大さじ1.5
濃口醤油 大さじ1
鶏ガラスープの素 小さじ1
300cc

調味料B

片栗粉 大さじ1.5
大さじ1.5
調理時間:25分

中華丼の作り方

ポイント

今回のレシピのポイント

カットした具材を炒め煮した後に、味見をしてから、沸騰しているベースの中に水溶き片栗粉をゆっくり注ぐと味が決まった中華あんに仕上がります。トロミをしっかりつけると保温性を高めることができ、熱々のまま美味しく頂けます!

エンジョイクッキング!

トロミはしっかりつけて正解!

トロミはしっかりつけて正解!

中華あんは、温度が下がるとだんだんと緩くなってきます。トロミをしっかりつけることで、具材と白ごはんの保温性が上がり、熱々の状態で美味しく頂けます。あんはちょっと固いかな?くらいがちょうど良いのです。
白菜からも水分が出てくるので、しっかりめにトロミをつけて正解なんですね。これに海老やイカ等の海鮮系や、うずらの卵を加えるのも良いでしょう。まずはしっかりと基本から!味が決まった中華丼を作ってみて下さいね!

著者/料理人 hiro

洋食調理歴20年。シェフ経験あり調理師免許あり。膝の古傷と向き合い、立ち仕事をセーブ。知識と経験をもとにYouTube「ヒスイ夫婦のすいすいレシピ」を運営中。最近では動画企画や編集、フードに関する記事執筆、企業向けにレシピ考案へお仕事をシフト。「ま、何とかなる」が口グセ。

このレシピが含まれるまとめ

「主食・メイン」の関連記事

レシピルマガジン レシピル 特集記事

カテゴリー一覧