ナビゲーション
サワークリームなしで作れる!チーズテリーヌのレシピ

サワークリームなしで作れる!チーズテリーヌのレシピ

お菓子研究家のkinakoです。今回は、サワークリームなしで作るチーズテリーヌのレシピをご紹介します。チーズテリーヌとは、四角いテリーヌ型で作るチーズケーキの一種で、主な材料にはクリームチーズとサワークリームを使います。そのサワークリームの代わりに水切りヨーグルトを使う事で、チーズテリーヌのなめらかさはそのままに、手軽に作れてお財布にも優しいチーズテリーヌができますよ!ではさっそく作っていきましょう。

著者/kinako

焼き菓子工房『CUIRE』にて、焼き菓子のオンラインショップを運営。また、焼き菓子ブログ『CUIRE 焼き菓子研究所』にて焼き菓子を中心としたレシピを提供。複数のWebメディアにてレシピライターとしても活動中。

サワークリムなしで作るチーズテリーヌの材料(18cmパウンド型1台分)

材料

クリームチーズ

200g

ヨーグルト

250g

水切りで100g

グラニュー糖

80g

Lサイズ2個

薄力粉

20g

生クリーム

80g

レモン汁

小さじ2

バニラオイル

適量

冷凍ミックスベリー

50g

サワークリームなしで作るチーズテリーヌの作り方~準備編~

1.まずは水切りヨーグルトを作ろう

高さのあるボウルにザルを乗せ、キッチンペーパーを敷いてヨーグルトを乗せます。ヨーグルトにラップをしたら、お皿と重石になる食器等を乗せて2時間程度放置します。ゆっくりと水分が落ちて、2時間後には約100gの水切りヨーグルトが出来上がります。水分の量はメーカー毎に前後するので、水切り後のヨーグルトの量が足りなかった場合は、水切り前のヨーグルトを足しても大丈夫です。大型スーパー等では、最初から水の切れたギリシャヨーグルトも販売されているので、水切り工程を省きたい方はそちらを使用してもOKです。

2.材料は室温に戻しておこう

クリームチーズ、卵、生クリーム等、冷蔵保存してある材料は全て室温に戻しておきましょう。冷たいままだと材料同士が混ざりにくく、ダマの原因になり、なめらかな食感が損なわれます。クリームチーズは室温に戻してさらに軽く練り、硬めのクリーム状にしておきましょう。時短でクリームチーズを室温に戻したい場合は、レンジで数秒温めてもOKです。

冷凍ミックスベリーは使う直前まで冷凍保存で大丈夫ですよ。

サワークリームなしで作るチーズテリーヌの作り方~調理編~

3.クリームチーズと水切りヨーグルトを合わせよう

柔らかくしたクリームチーズに、水切りヨーグルトとグラニュー糖を加え混ぜます。クリームチーズがダマになりやすいので、ダマが消えるまでしっかり混ぜてください。ダマのないなめらかな状態で、軽い力でホイッパーが動かせる程度の柔らかさが理想です。

4.卵を混ぜよう

よくといた卵を3〜4回に分け加えます。加えたらその都度よく混ぜて、卵が見えなったら次の卵を加えます。最後の卵が完全に見えなくなって、なめらかなクリーム状になったらOKです。

5.生クリームを加えよう

次に室温に戻した生クリームを加え混ぜます。生クリームが浮いて飛び散らないように、ゆっくり馴染ませましょう。クリームチーズ生地と一体化して、生クリームが見えなくなったらOKです。

6.薄力粉を混ぜよう

次に薄力粉をふるいながら加えます。薄力粉はダマになりやすいので、必ずふるいながら加えてください。ふるいきったらホイッパーを縦に持ち、ボウルの中心から外側に向かってぐるぐると粉を巻き込むように混ぜます。粉気がなくなってダマが見えなくなったらOKです。

7.レモン汁とバニラオイルを加えよう

最後にバニラオイルとレモン汁を加え混ぜます。バニラオイルはバニラエッセンスでも代用可能ですが、バニラオイルの方が加熱しても香りが飛びにくいので、今回のように加熱するお菓子にはできるだけバニラオイルを使いましょう。レモン汁も、ポーションタイプよりフレッシュのレモン果汁の方が酸味がまろやかなので、フレッシュレモンがあればそちらを使ってください。

8.型に流して焼成しよう

今回は、お湯を張ったバットに型を乗せて焼く「湯煎焼き」にするので、パウンド型に水が入らないようにアルミホイルを巻いておきます。型の内側にはクッキングシートで型紙を敷いておきましょう。

型の準備ができたら冷凍ミックスベリーをバランスよく敷き詰めます。冷凍ミックスベリー以外にも、冷凍いちごや冷凍ブルーベリー等、お好みのフルーツを使ってもOKです。冷凍でないフレッシュフルーツでもOKですよ。

フルーツを敷き詰めたら、上からゆっくりと生地を流します。勢いよく流すとフルーツが偏ってしまうので、少しずつゆっくりと流してください。流し切ったら型より大きな深さのあるバットに乗せて、型の半分くらいの高さまで60度程度のお湯を注ぎます。バットごと予熱しておいた170℃のオーブンに入れて40〜45分焼成します。

40分経って表面に焼き色がついていなければ、温度を180℃に上げて3〜5分焼成してください。

9.冷蔵庫で冷やし固めたら出来上がり!

焼き上がったら型のまま冷まし、ラップをして冷蔵庫で一晩冷やし固めます。冷え固まったら型から外し、型紙を剥がしたら出来上がりです!カットする時は、お湯で温めた包丁でカットすると、切り口が綺麗に切れますよ。

しっとりのコツは「湯煎焼き」!

今回のようなしっとりさせたいお菓子を作る時は、お湯に入れて焼く「湯煎焼き」という調理方法を使います。湯煎焼きで蒸し焼きにする事で生地の水分が保たれ、しっとりなめらかな仕上がりになります。深めのバットが無い場合は、オーブンで使える耐熱容器でも代用可能です。オーブンの天板自体に高さがある時は、天板に型を乗せて、直接天板にお湯を注いでも大丈夫です。

湯煎焼きはこのチーズテリーヌの他、ベイクドチーズケーキや焼きプリン等でも使う調理方法なので、覚えておくと便利ですよ!

いざ実食。このなめらかさがたまらない!

フォークを入れた瞬間からすでになめらか!食べてもなめらか!これはその他のチーズケーキとはまた違う、至極のなめらか食感です!ヨーグルトを使っているので、後味はスッキリ。ミックスベリーの酸味もいい感じに効いています。サワークリームの半分以下のお値段のヨーグルトで、ここまで本格的なお味に仕上げた自分を褒めてあげたい。(笑)ベリーの酸味が苦手な方には、ベリー抜きのシンプルなチーズテリーヌでも充分美味しいですよ!

enjoy cooking!

ワンボウルで混ぜるだけ!簡単に作れるチーズテリーヌ

実は焼くまでに使う道具はホイッパーとボウルひとつだけ。本格的な製菓用の道具は必要ありません。パウンド型も100円ショップで販売されている簡単な型で充分です。材料も、ヨーグルトの水切りの手間はありますが、スーパー等で手軽に買える材料だけでここまで本格的なチーズテリーヌができちゃいます。混ぜるだけで初心者の方でも失敗なく簡単に作れるので、ぜひ一度チャレンジしてみてください!