ナビゲーション
フライパンひとつでできる!簡単すぎるエビチリ卵

フライパンひとつでできる!簡単すぎるエビチリ卵

大さじ調味で白ごはんに合うおかず料理研究家の川久景子です。今回は独特の辛みと食感が人気の中華の定番・エビチリをご紹介します。

エビチリは手間がかかってむずかしそう!というイメージがありそうですが、下準備さえしてしまえば、実はフライパンひとつであっという間につくることができます。

さらに見た目も華やかに卵を加え、ボリュームがあるのにヘルシーなしめじを加えているのでたっぷり食べれる仕上がりです。さっそく作りましょう!

著者/川久景子

大さじ調味で白ごはんに合うおかず料理研究家。フライパン調理が得意。企業のレシピ開発、Web媒体中心に活動中。動画撮影・編集も自ら手がけ、企画立案も行う。年1回一人旅でご当地食材に出会うのが楽しみ。

フライパンひとつでできるエビチリ卵の材料

具材

むきえび

420g

冷凍ものは自然解凍しておく

3個

しめじ

2株(250g)

長ねぎ

1/2本

20cm(70g)

しょうが

2かけ(10g)

にんにく

2かけ(10g)

豆板醤(トーバンジャン)

7g

サラダ油

大さじ2

えびの下処理調味料(A)

片栗粉

大さじ3

ひとつまみ(1g)

えびの下処理調味料(B)

片栗粉

大さじ3

大さじ2

ごま油

大さじ1

合わせ調味料

中華あじ調味料

5g

大さじ2

砂糖

大さじ2

大さじ1

ケチャップ

大さじ5(90g)

200ml

水溶き片栗粉

片栗粉

大さじ1

大さじ1

フライパンひとつでできるエビチリ卵の作り方~準備編~

1.まずはえびの下処理をする

えびを自然解凍した後、ボウルに入れ、えびの下処理調味料(A)を加えて手でやさしくもみ込むようになじませ、水洗いします。

水けをきったらえびの下処理調味料(B)を加え、和えるようになじませます。

2.ねぎをみじん切りにしよう

ねぎを縦四つ割りに切り、端から2mm幅に細かく切ってみじん切りにします。

ねぎの切り方は、縦半分に切ったあと、さらに半分に切ります。動かないように片手で固定してスッと包丁を動かすとまっすぐきれいに切ることができます。

3.しょうがとにんにくはすりおろす

しょうがとにんにくはすりおろします。生のものがない場合は、市販のチューブで売られているもので代用してください。その際の重さは各10gです。

4.しめじを小房に分けよう

しめじの下についているかたい石づきを包丁で切り落とし、あとは手で割くようにして小分け(小房に)しておきます。

5.卵を溶いておこう

卵はボウルに割り入れ、菜箸で溶きほぐしておきます。白身をきるように菜箸を動かしてほぐします。

6.調味料を混ぜ合わせておこう

調味料をボウルに混ぜ合わせておきます。この段階では中華あじ調味料は完全に溶けないので、他の調味料が混ざれば大丈夫です。

フライパンひとつでできるエビチリ卵の作り方~調理編~

7.えびをフライパンで焼く

フライパンにサラダ油(大さじ1)、えびを入れて中火で焼きます。えびはくっつきやすいので、ダマにならないように時々混ぜながら焼きます。

こんがりきつね色の焼き色がつき、えびがほんのりピンク色になったら一旦取り出しておきます。

えびはあまりしっかり加熱し過ぎるとかたくなり、食感が悪くなるので気をつけます。

8.半熟卵をつくる

同じフライパンに溶き卵を流し入れ、半熟卵をつくります。

卵を流し入れた後、30秒くらいいじらずそのまま焼き、そのあと一気に木べらで2周かき混ぜたら火を止め、ボウルに一旦取り出しておきます。

この段階ではゆるいくらいの半熟状態で大丈夫です。

9.ベースの味つけをつくる

同じフライパンにサラダ油(大さじ1)を追加で加え、ねぎ、しょうが、にんにく、豆板醤を入れて加熱します。

しょうがとにんにく、ねぎの香りが立ち、豆板醤の色がねぎになじんでくるまでヘラでかき混ぜながら炒めます。

ここでしっかり香りが立っていることで、エビチリのベースとなる味ができあがります。

10.しめじ、調味料を加えて煮立たせる

しめじ、調味料を加え、かき混ぜながら調味料が沸々としてくるまで煮立たせます。

しめじはすぐに火が通りやすいので、しっかり煮込まなくても大丈夫。

11.えびを加えてとろみをつける

えびを加え、1分程度煮詰めたら一旦火を止め、水溶き片栗粉をまわし入れ、へらで底から持ち上げるように全体を混ぜ合わせてとろみをつけます。一旦火を止めることで、とろみがゆっくりでき、ダマにならずに仕上がります。

とろみがつき始めたら再び火をつけます(中火)。

12.最後に卵を戻し入れて混ぜたら完成!

とろみがついたら卵を戻し入れ、へらで卵をほぐすように混ぜ合わせ、20秒程度加熱したら完成です。

卵は半熟状態ですが、20秒程度加熱することで、火が通ります。

最大のコツはえびの下処理を2回行うこと!

下準備の段階で、えびに2回下処理することです。少し手間はかかりますが、1回目はえびの生臭さを消すため、2回目は加熱時に焼き縮み防止と味を閉じこめるための作業になります。

こうすることで、加熱したときにえびが縮まず、ぷりっとした食感がそのまま残った状態を保つことができるので、忘れずに!

いざ実食。辛みとぷりっとしたえびの食感がおいしい!

エビチリの主役・えびのぷりっぷりの食感はそのままに独特の辛みが絡んで白ごはんと相性抜群!赤色の中に黄金色の卵が彩りよく映え、見た目にも食欲をそそります。

また、しめじをたっぷり加えているのでボリュームもあり、とても食べ応えのあるメインおかずです。

enjoy cooking!

中華の定番料理も自宅で手軽に!

エビチリはむずかしい、手間がかかるというイメージがあったかもしれませんが、フライパンひとつであっという間につくることができ、まるでお店のような味つけに感激してしまいますよ!

辛さはしょうが、にんにく、豆板醤(トーバンジャン)を加減すればよいので、辛いのが苦手というかたは調整してくださいね。