ナビゲーション
簡単お魚ランチにおすすめ「和風アヒポキ丼」つくってみた!

簡単お魚ランチにおすすめ「和風アヒポキ丼」つくってみた!

食べるのも作るのも大好き!レシピル編集部のしきです。本日はランチにお魚が食べたい気分だったので、魚のレシピをレシピルで検索。さっそくお手軽に作れそうな丼ものレシピを発見したのsで、今回はこちらのレシピを作っていきたいと思います!

著者/しき

レシピル編集部員で、ジャニーズ(特にSMAP)とTWICEと猫をこよなく愛するアラサー女子。食べるのも作るのもだいすき!彼と2人暮らしなので、彼においしい!と言ってもらえるような料理を作るために日々奮闘中です。

今日作るのは「和風アヒポキ丼」

本日つくるレシピは「ヤマサ醬油のレシピサイト Happy Recipe」で見つけたこちら。ハワイのソウルフードであるアヒポキを、和風に、しかもお手軽に作れそうなのがうれしいです!

今日のお題レシピ

写真はヤマサより完成例

薬味たっぷりの和風アヒポキ丼のレシピ。まぐろを漬け込み、しっかりと味を含ませるとより美味しく仕上がります。ごま油の香ばしい風味が香り、食欲をそそります。三つ葉やねぎの薬味が加わることで、さっぱりと食べやすい丼です。

カロリー508 kcal
塩分1.7 g
調理時間約30分
レシピを見る(ヤマサへ移動します)

「和風アヒポキ丼」を作ります!~準備編~

1.材料一覧はこちら(1人分)

レシピでは、2人分の材料がのっていたので、私は半分の量にして1人分作っていきます。

主な材料

まぐろ(刺身)

100g

長ねぎ

1/2本

三つ葉

1/2束

ご飯

どんぶり1杯分

調味料A

しょうゆ

大さじ1弱

ごま油

小さじ1

白いりごま

小さじ1/2

2.材料を切ろう

まぐろは、さくの状態でも、刺身でも切り落としでも、どの状態でもよいそうです!私は切り落としを購入(ラッキーなことに10%オフでした)したので、このまま使います。切り分けないといけない場合は、大きめの一口大に切りましょう!

長ねぎは、斜め薄切りにします。できるだけ薄くした方が、味がなじみやすそうですね。

三つ葉は、根元を切り落として2cm幅程度に切ります。

「和風アヒポキ丼」を作ります!~調理編~

3.調味料を混ぜます

ボウルに、しょうゆ、ごま油、白いりごまを入れ、混ぜ合わせます。

4.味をなじませます

調味料を入れたボウルに、まぐろと長ねぎを入れます。

混ぜ合わせて、全体に味が染みわたるようになじませます。ごま油がいい香りです…。混ぜ合わせたら、ボウルを冷蔵庫に入れ、10分~15分味をなじませます。

5.三つ葉をゆでます

冷蔵庫でなじませている間に、お湯をわかし、塩を少々入れます。

先ほど切っておいた三つ葉をゆでます。沸騰したお湯に、三つ葉を入れ、10秒間ゆでます。あっという間なので、集中してください!(笑)

10秒たったらざるにあげます。量が少なかったので、もうあみじゃくしですくいあげました。

ざるにあげた三つ葉(正確にはあみじゃくしですくった三つ葉)を、冷水につけて冷ましておきます。

冷めたら、水気をしぼっておきましょう。ゆで時間が短いので、色も鮮やかなままできれいですねー!

6.ご飯をよそいます

お皿にご飯をよそいます。我が家は今玄米ご飯ブームなので、白米と玄米のブレンドご飯です!

7.三つ葉をまぐろと混ぜ合わせます

先ほど水けをきった三つ葉を、冷蔵庫でなじませておいたまぐろと長ねぎのボウルに入れて混ぜ合わせます。混ぜ合わせたら、お皿によそったご飯の上に盛り付けて完成です!

完成!切って混ぜるだけだったので簡単でした!

とにかく簡単にできてしまったので、忙しい時にもってこいのレシピに認定です!三つ葉、長ねぎ、しょうゆ、ごま油と和風のものを使うことで、ハワイの料理を和風にアレンジしているのが、さすがプロです。

いざ実食!まぐろと長ねぎにしっかり味が染みていておいしいです!

ごま油の香りがものすごく食欲をそそります…。食べてみると、しっかり味がなじんでいてすごく美味しいです!アヒポキなのに、なじみのある和風の味付けで、ものすごく食べやすいです。アボガドを入れてもおいしそう…。

enjoy cooking!

さっと作れるヘルシーどんぶりなので、忙しい時にもおすすめ!

こちらのレシピ、とっても美味しいのに、切ってなじませて盛り付けて完成してしまうので、忙しい時にぴったりでした!まぐろをサーモンに変えたり、アボガドを入れてみたり、温玉を入れてみたり、いろいろ美味しい工夫ができそうです。皆さんもぜひ作ってみてくださいね!