ナビゲーション
クリームチーズで作る!プロ級濃厚ティラミスのレシピ

クリームチーズで作る!プロ級濃厚ティラミスのレシピ

p>お菓子研究家のkinakoです。今回は、マスカルポーネではなく「クリームチーズ」で作るティラミスをご紹介します。あっさりとしたマスカルポーネとは違い、しっかりチーズの香りがするクリームチーズを使用する事で、チーズケーキのような濃厚でコクのある味わいのティラミスに仕上がります。材料もスーパーで手軽に買えるものばかりなので、初心者の方でも簡単に作れますよ。ではさっそく作ってみましょう!

著者/kinako

焼き菓子工房『CUIRE』にて、焼き菓子のオンラインショップを運営。また、焼き菓子ブログ『CUIRE 焼き菓子研究所』にて焼き菓子を中心としたレシピを提供。複数のWebメディアにてレシピライターとしても活動中。

クリームチーズティラミスの材料(200ml容器3個分)

材料

卵黄

L1個分

グラニュー糖(A)

40g

牛乳

40ml

クリームチーズ

100g

生クリーム

200ml

マリービスケット

12枚

コーヒーシロップ

インスタントコーヒー

6g

グラニュー糖(B)

50g

お湯

50ml

仕上げ用

ココアパウダー

適量

クリームチーズティラミスの作り方~準備編~

1.コーヒーシロップを作ろう

ビスケットに染み込ませるコーヒーシロップを作っておきます。熱湯にコーヒーシロップ用のグラニュー糖(B)とインスタントコーヒーを加え、しっかり溶けるまで混ぜます。この後ビスケットにこのコーヒーシロップをくぐらせますが、しっかりコーヒーシロップの染み込んだビスケット生地にしたい場合は、事前にビスケットをコーヒーシロップに浸けておいてください。

ただし、染み込ませ過ぎるとビスケットが柔らかくなって崩れてしまうので、浸ける時間は様子を見ながら調整してくださいね。

2.クリームチーズは柔らかくしておこう

クリームチーズは作業しやすいように、室温に戻すかレンジで数秒温めて柔らかくしておきましょう。大きな塊がなく、ホイッパーで軽く混ぜられる程度のマヨネーズ状が理想です。メーカーによっては最初から柔らかい状態のクリームチーズもあるので、使うクリームチーズによって調整してください。

3.卵黄とグラニュー糖は混ぜておこう

卵黄は軽く溶きほぐし、グラニュー糖(A)を混ぜて白っぽくなるまですり混ぜます。泡立てる必要はないので、ホイッパーを縦に持ち、ぐるぐる円を描くように混ぜてください。

クリームチーズティラミスの作り方~調理編~

4.卵黄液を作ろう

鍋に牛乳を入れ、火にかけます。沸騰直前まで温めたら、工程3の卵黄とグラニュー糖を混ぜたものを加えます。火加減は弱火で、鍋底をなぞると一瞬跡が残るぐらいまでとろみをつけます。加熱し過ぎると卵が固まって口当たりが悪くなってしまうので、弱火で絶えず混ぜながらゆっくりとろみをつけましょう。

5.卵黄液を濾しましょう

茶こし等を使って、工程5の卵黄液を濾します。茶こしに残った卵の塊やつぶつぶは無理に濾さず、茶こしを通った液体だけを使いましょう。

6.卵黄液とクリームチーズを混ぜよう

柔らかくしておいたクリームチーズに、工程5の卵黄液を混ぜます。混ぜる時は3~4回に分け加え、その都度しっかり馴染むまで混ぜましょう。この時も泡立てる必要はないので、ホイッパーで円を描くようにぐるぐる混ぜてくださいね。クリームチーズの塊が見えなくなって、全体的に薄黄色の液状になれば混ぜ終わりです。

7.生クリームを泡立てよう

ボウルの底に氷水をあて、生クリームを8分立てまで泡立てます。後で合わせるクリームチーズ生地に砂糖が入っているので、生クリームは砂糖無しで泡立ててください。泡立てた跡が残って、ゆるい角が立つ程度が目安です。泡立て過ぎると分離してモロモロのクリームになってしまい、クリームチーズ生地ともうまく混ざらなくなるので、泡立て過ぎには注意しましょう。

8.コーヒービスケットを作ろう

準備しておいたコーヒーシロップに、びすけを浸します。しっかりコーヒー味を染み込ませたい場合は長く、風味程度にする場合はサっと浸す程度にしましょう。軽く浸した場合でも、後で重ねるクリーム生地の水分を吸って柔らかくなるので、この段階ではビスケットが硬くても大丈夫です。

9.ティラミス生地を組み立てよう

カップにクリームチーズ生地を1/5程度の高さまで入れ、ビスケットを2枚重ねて乗せます。その上から再びクリームチーズ生地を2/3程度の高さまで入れ、上にビスケットを2枚乗せ、最後に残ったクリームチーズ生地を乗せたら、表面が平らになるように軽くならします。

10.ココアパウダーをふりかけて冷やしたら完成です!

茶こし等でクリームチーズ生地の上にココアパウダーをふりかけます。クリームチーズ生地の白い部分が見えなくなるまでたっぷりかけてください。クリームチーズ生地にしっかり味と甘味が入っているので、ここで使うココアパウダーは無糖のものを使用してくださいね。

カップの縁についたココアパウダーをはらったら、冷蔵庫で一晩冷やして出来上がりです!じっくり冷やしながら時間をおく事でビスケットが水分を吸い、柔らかくしっとりした生地になります。ケーキピックを刺せば、お店みたいなプロの仕上がりになりますよ!

スポンジの代わりにビスケットを使うのがポイント!

ティラミスの多くのレシピはスポンジ生地を使いますが、今回はもっと手軽に作れるようにビスケットを使いました。柔らかくなるまで少し時間はかかりますが、スポンジ生地を用意する手間が省ける分、とっても気軽に作れますよ。もちろんスポンジ生地があれば、スポンジ生地にコーヒーシロップを染み込ませて、ビスケットの代わりに使ってください。その場合は組み立てて冷やせばすぐに食べられますよ。

いざ実食。クリームが濃厚で美味しい!

しっかり冷えたクリームチーズ生地と、柔らかくなったコーヒービスケットの香ばしさがとっても美味しかったです。今まで食べたティラミスになんとなく物足りなさを感じていた私にとって、この濃厚さはたまりません!(笑)クリームチーズを使っているので、少し硬めの生地になっているのと、ビスケットにもほどよい噛み応えがあって、満足感もあります。

食後の軽いデザートというより、しっかり食べ応えのあるおやつの時間にぜひどうぞ。

enjoy cooking!

チーズケーキみたいな濃厚ティラミス

仕上がりは本当にプロみたいなティラミスです。それがスーパーで手軽に買える食材で作れて、オーブンも使わないので初心者の方でも簡単に作れます。クリームチーズを使う分、お味も濃厚。カップに入れて仕上げるので持ち運びもでき、差し入れやプレゼントにも最適です。ぜひこの濃厚なプロ級の味わいを、ご自宅で楽しんでくださいね!