ナビゲーション
白ごはんが止まらない!カレー風味の肉みそ丼

白ごはんが止まらない!カレー風味の肉みそ丼

大さじ調味で白いごはんに合うおかず料理研究家の川久景子です。今回ご紹介するのは、甘辛味の中にピリッと感じるカレー風味が食欲そそる丼料理です。ごはんまで染み込んだ調味料と、半熟卵のこってり濃厚な味付けがごはんと相性がよく、箸が進みますよ。

カレー風味にすることで、最後まで飽きない味なのもポイントです。肉みそがかたまりにならないコツもご紹介していますので参考にしてください。

では、さっそく作りましょう!

著者/川久景子

大さじ調味で白ごはんに合うおかず料理研究家。フライパン調理が得意。企業のレシピ開発、Web媒体中心に活動中。動画撮影・編集も自ら手がけ、企画立案も行う。年1回一人旅でご当地食材に出会うのが楽しみ。

カレー風味の肉みそ丼の材料(2人分)

具材

合いびき肉

350g

玉ねぎ

1個(200g)

にんにく

1かけ(5g)

しょうが

1かけ(5g)

2個

キャベツ

大きめ1枚(90g)

1.5合(225g)

調味料

カレー粉

大さじ1/2

砂糖

大さじ3

みそ

大さじ3

しょうゆ

大さじ1

大さじ3

大さじ1/2

半熟卵をつくる時に使用

カレー風味の肉みそ丼の作り方~準備編~

1.まずは米を炊こう

米を水で3~4回洗い、炊飯器の内釜に入れて1.5合の目盛まで水を注いだら炊飯のスイッチを押して炊きます。炊けたらしゃもじでかき混ぜ、蒸しておきます。

2.キャベツを千切りに切ろう

キャベツを濡れ布巾で表面の汚れを拭いたら、繊維を断つように1~2㎜幅に切ります。 繊維を断つように切ると、ふんわりした食感に仕上がります。

水洗いしてしまうと、水切れに時間がかかるため、汚れを拭くだけで十分です。

3.玉ねぎをみじん切りに切ろう

玉ねぎを3㎜幅程度のみじん切りに。あまり細かく刻まず、歯応えが残る程度の大きさで大丈夫です。

4.にんにく、しょうがをすりおろす

にんにくとしょうがをそれぞれすりおろします。もし、チューブ式を使うのであれば、各2㎝(5g)を絞り出してください。

5.調味料を混ぜ合わせて用意しておこう

調味料の材料を小さめのボウルに混ぜ合わせておきます。カレー粉やみそは溶けにくくダマになりやすいので、この段階でしっかり溶きます。

カレー風味の肉みそ丼の作り方~調理編~

6.半熟卵をつくろう

ボウルに氷水を用意し、水はやや多めで、卵を入れた時にしっかり浸かる程度まで入れておきます。氷水を使うことで、加熱後の卵に余分な予熱を残さないで黄身が固まるのを抑えてくれます。

鍋に湯を沸騰させ、酢を加えたら卵を割り入れ、菜箸でひとかたまりになるように広がった白身を手前に寄せ集めながら丸くなるように整えます。お玉ですくい、菜箸でお玉にくっつかないように動かしながら湯の中で2分~3分加熱します。(泳がせるように加熱するのがコツ)

白身がかたまり、黄身を軽く押して弾力がでてきたらそのまま用意しておいた氷水の中へ入れ、冷やします。(このまま冷やし、使う時に軽くキッチンペーパーの上で水分を取り除きながら余分な白身などを取り除いて形を整えます)

7.ひき肉を炒める

フライパンにひき肉、にんにく、しょうがを入れ、菜箸4~5本でかき混ぜながら中火で炒めます。菜箸数本でかき混ぜることでひき肉が早くほぐれ、かたまりが少ないきれいなそぼろ状になります。

8.玉ねぎを加え、透明になるまで炒める

ひき肉の色が半分くらい変わったら玉ねぎを加え、さらに菜箸でかき混ぜながら炒め合わせます。玉ねぎが透明に透き通ってくるまで混ぜます。

ひき肉が完全に色が変わってから玉ねぎを加えると、ひき肉に火が通り過ぎて硬くなってしまうので、この段階で玉ねぎを加えます。

玉ねぎに火が通り、透明になったらフライパンを軽く傾け、キッチンペーパーで余分な油を拭き取ります。ここで油を取り除くことで、仕上がった時に油っぽさがなくなるのでしっかり取り除きます。

9.調味料を加え、3分煮詰める

油を取り除いたら調味料をまわし入れ、再び菜箸で混ぜながら約3分程度煮詰めて軽く水分を飛ばします。

あまり長く煮詰めると水分が飛び過ぎてパサついた仕上がりになるので、具材に味がしっかり絡まる程度煮詰めれば大丈夫です。

10.丼に盛りつけたら完成!

煮汁に肉みそが軽く浸っているくらい残れば火を止めます。

丼に炊けたごはん、キャベツ1/2量を盛りつけます。この時、キャベツの真ん中にくぼみをつくります。

さらに肉みそを盛り付け、ここでも真ん中にくぼみをつくったら水けをきった半熟卵をくぼみに入れて完成!

最大のコツは菜箸を数本使うこと!

最初から最後まで、菜箸数本を使うこと!ひき肉がかたまりになりにくく、他の材料を加えた後でも菜箸数本で混ぜることできれいなそぼろ状に仕上げることができます。

そして、そぼろ状になることで味の絡まりもよくなり、短時間の煮込みでもしっかり味がつきます。

いざ実食。濃いめの味つけが半熟卵と絡まって食欲が増します!

ひと口めは半熟卵を割らずに肉みそとごはんだけで。甘辛味の中に強すぎない味のカレー風味で箸が進みます。

これだけでも十分な仕上がりですが、やはり半熟卵を割ってとろとろの黄身を絡めながら食べるのは格別なおいしさに底上げしてくれます。

意外に千切りキャベツの食感がアクセントになり、調味料が十分染み込んだごはんと肉みそとの間で歯応えのあるキャベツが引き締めてくれます。

enjoy cooking!

甘辛×カレー風味の肉みそはごはんが最後のひと粒までおいしい!

濃いめの味つけに仕上げた肉みその調味料が丼の最下層にあるごはんまでしっかり味が染みこんで思わず丼を抱えて食べたくなるおいしさです!

ごはんとおかずがひとつになっているので、時間があまりない時やメニューに困った時にもおすすめですよ。

また、この肉みそはアレンジもきくので、野菜炒めやスープ、グラタンに使うこともできます。ぜひお試しくださいね!