【パプリカと長芋・山芋を使ったおすすめ人気レシピ】プロ考案の簡単レシピ9選

このページでは、専門家等のレシピサイトからパプリカと長芋・山芋を使ったおすすめレシピを9件探し、独自にランキングし横断的に紹介します!

メインディッシュやもう1品など困ったときに、網羅的に探せます。ぜひ活用してください♪

#1 彩りサラダだしやっこ

冷ややっこをサラダ仕立てにしたアレンジレシピ。みょうがや長芋などアクセントになる野菜もトッピングして、食欲をそそる副菜です。長芋は滋養強壮効果が高いと有名ですが、ぬるぬる成分は胃腸の粘膜を保護する役割も。だしつゆとオイルをまぜたたれをかけて、全体をまとめていただきます。

カロリー220 kcal
塩分2.1 g
調理時間10分
レシピのキーワード長芋・山芋、豆腐、副菜、10分以内、和風、定番、400kcal以下

#2 ゴーヤと夏野菜のさっぱり揚げびたしとろろかけ

野菜をたっぷり味わえる揚げびたしのレシピ。揚げてサクサクシャキシャキにすることで、野菜嫌いのお子様でも食べられそう。サクサク食感ととろとろのとろろとそうめんつゆの組み合わせがくせになること間違いなし。

カロリー156 kcal
調理時間15分
レシピのキーワードおつまみ、ゴーヤの大量消費

#3 長芋のタルタルサラダキャビア添え

長いもとパプリカのピクルスで作る、副菜やおつまみになるサラダのレシピ。長いもとタルタルソースがよく合います。キャビアを添えることでさらに食感が楽しくなる一品です。コース料理の前菜としてもいただけます。

調理時間45分
レシピのキーワード難易度ふつう、おつまみ、ゆで卵の大量消費

#4 野菜が進む!子供も大人も満足♡鮭と長芋の彩り野菜炒め

刺身用のサーモンや長芋などの野菜をナンプラーで味付けしたエスニック風味な野菜炒めのレシピ。サーモンにはあらかじめレモン汁で下味をつけておくことで、他の野菜や調味料と炒めたときでも爽やかな風味を保たせることがポイント。ナンプラーの代わりに白だしやめんつゆを使うなど、味わいのバリエーションが楽しめそうです。

調理時間20分
レシピのキーワード主菜

#5 蒸し野菜とバーニャカウダ

ニンニクやアンチョビを使った、作り置きにも便利な「バーニャカウダ」と、蒸し野菜のレシピ。程よいニンニクの香りと甘みやアンチョビの塩気が効いた、風味豊かな味わいです。アンチョビはニンニクとオリーブ油を加えて加熱するのがコツ。生臭さを取り、食べやすくなります。

調理時間40分
レシピのキーワード副菜、洋食、煮る

#6 天の川蕎麦

ネバネバ食材で喉越しの良い蕎麦のレシピ。そば自体は天の川の流れのように、ネバネバ食材は混ぜ合わせず、それぞれそばの横に添えるように盛り付けられたレシピ。星形に切ったパプリカや、輪切りのオクラも飾り、星空のように綺麗に仕上げます。

カロリー192 kcal
塩分1.2 g
調理時間20分

#7 長芋と赤パプリカの味噌マヨネーズ炒め

長芋と赤パプリカと豚肉を使った、炒め物のレシピ。新鮮な長芋を使う場合は、皮ごと調理して大丈夫です。具材を炒める順番は守りましょう。仕上げの調味液を加えたら、ざっくりと混ぜ合わせる程度でOK。味噌マヨネーズ味なので、お子さまにもオススメできそうな一皿です。

調理時間20分
レシピのキーワード主菜

#8 彩り野菜の焼きびたし

野菜の焼きびたしレシピ。タレは材料を火にかけて、沸騰したら冷ましておくのがポイント。焦げ目がつくまで焼いたらタレに漬け込み完成です。野菜はほかに、椎茸や白ねぎ、ピーマンなどを使っても作れます。冷えても楽しめる一品。

カロリー228 kcal
調理時間15分
レシピのキーワードおつまみ、油揚げの大量消費

#9 一切れが小さいタラも見せ方でボリューム!たらの酢豚風

タラと蓮根と長芋を使った、酢豚風料理のレシピ。タラは酒の入った熱湯で茹でておくことで、ボリューム感がアップします。タラに振る塩こしょうは、たっぷりめがオススメ。ソースは具材を焼く前に混ぜ合わせておくと、仕上げまでスムーズに進めることができます。

調理時間20分
レシピのキーワード主菜

お気に入りに保存したレシピを見る

関連するパプリカレシピを探す