ナビゲーション
ポップコーンで居酒屋メニュー爆誕!から揚げ・ポテト・サラダで1番合うフレーバーはどれだ?

ポップコーンで居酒屋メニュー爆誕!から揚げ・ポテト・サラダで1番合うフレーバーはどれだ?

今日は華金…家で飲むぞぉと勇んで帰宅するもポップコーンしか食料がありませんでした。そんなことある…?ポップコーンもおつまみにはなりますけどね、これだけで延々と呑めるほど人間仕上がっちゃあいないんです。

そうだ、ポップコーンに合うおつまみフレーバーを探そう!本日はポップコーンで居酒屋メニューを再現します!

著者/タダユイ

アニメとお笑いと劇場が好きな田舎者。好きな食べ物は唐揚げと梅干し。苦手な食べ物はモツです。

今日作るのは「居酒屋ポップコーン」

1.材料一覧はこちら

材料はこちら。ポップコーン、ドレッシング、アンチョビポテトの素、唐揚げの素。

そう、今回は「居酒屋でまず注文する3点セット『サラダ、ポテト、唐揚げ』」のフレーバーでポップコーンを作るぞ!天才か!

2.ポップコーンを作る

弱火にかけながら、ポップコーンの爆発を待ちます。

久しぶりに作るけど、「バン」って音した!え、ちょっとまって怖い(笑)こんなに弾けましたっけ?

急に「パン!」って来られたら怖いので、イヤホンをして大音量で音楽聴きながら調理再開…!

写真をよくよく見たらわかるけど、真ん中の銀色テープに「作る前に必ずこのシールをはがしてください」って書いてるね。今気づいた。どうにかなるもんだな(棒)

3.唐揚げフレーバーを作る

唐揚げ味のポップコーン作り。本当はポップコーンに唐揚げの素をまぶして油で揚げたかったけど、さすがに爆発怖すぎて断念(笑)

衣だけ揚げて粉々にして、ふりかける方式でいきます。

4.ゴマドレッシングをかける

サラダ班のポップコーンには、ゴマドレッシングをかけます。とろーり。

なんか見た目はキャラメルみたい。とうもろこしとドレッシング、合わないわけないよね。合わなかったら怒るよ?(誰に?)

5.アンチョビポテトの素をかける

ポテト班には、アンチョビポテトの粉をサッサッ。あー、アンチョビポテトの匂いする!

なんか写真の躍動感がすごいですね。粉が勢いよく落ちてる。そしてやっぱり匂いが一番そそられます。この時点でほぼ勝ち確定では?

完成!居酒屋欲張りセットだよ!

でーきた!

手前が「唐揚げ味」、左上が「ゴマドレサラダ味」、右上が「ポテト味」です。

1人居酒屋ポップコーンパーティーの開幕だ!

いざ実食!かんぱーい!

まずは唐揚げ味から。めちゃくちゃ「から揚げ」である!

ではまずは唐揚げ味から。

パクっ、ムシャムシャ…。

おおすごい!唐揚げだ!!

おおおおお美味しいぞこれ!ポップコーンの塩気と唐揚げの素の生姜風味がよく合う!衣サックサクでうま。

ええやんええやん、おうち居酒屋やん。そして気づいてしまいましたね。から揚げの粉をかければなんでもから揚げになると。鶏肉、いらなかったんや…!

★★★★☆

相性

★★★★☆

総合点

★★★★☆

お次はアンチョビポテトポップコーン。総合点はひとつ伸びずか?

アンチョビ味のポテトポップコーン、略してポテポ(?)

いただきます。ムシャムシャ…

んあー、美味しい!でも塩からい!でもうまい!まぁでも一言でいうと…じゃがいもが食べたくなる味です。(元も子もない)

確実にお酒には合います。しょっぱさがたまらない!

★★★☆☆

相性

★★★★☆

総合点

★★★☆☆

最後はゴマドレサラダポップコーン

ゴマドレがとろーりとかかったサラダポップコーン。

パクっ…ムシャムシャ…。

ん!アリアリ!

でもドレッシングの汁気でポップコーンの歯応えがなくなってるかな。んー、惜しい感じ。でも改善の余地を感じて伸びしろ!

サラダ味を再現したいなら、粉末ドレッシングとかの方がいいかも。ポップコーンでサラダを作りたい方は参考にしてね。(作りたいよね?)

★★★★☆

相性

★★★☆☆

総合点

★★★★☆

完食!1人パーティーはあっという間にお開き

三角食べしてたら、あっという間に完食。

ポップコーンパーティーはお開きとなりました。

みんなで集まって映画鑑賞する時とか、作ってみるといいかもしれない。目隠しして「これ何味でしょうか!」ってクイズ大会するのもいいかも。盛り上がるだろうなぁ。

いずれにしろ、友達がいないとできない。ポップコーン作る前に友達作らなきゃだったかも。

【急募:パーティー友達】

enjoy cooking!

ポップコーンは無限の可能性を秘めている

衝動買いしたポップコーンから生まれたおうち居酒屋レシピ。味の主張があまりないポップコーンだからこそ、何味にでも染まれるポップコーンの可能性を見せつけられる結果となりました。

今回は、「しょっぱい系」のフレーバーでしたが、「甘い系」「辛い系」「酸っぱい系」とか縛り設けてパーティーしてみるのもおもしろそう。そこにはぜひ、私も呼んでくださいね。