ナビゲーション
ヘルシーなのにボリューム満点!鶏ささみのチーズ春巻きのレシピ

ヘルシーなのにボリューム満点!鶏ささみのチーズ春巻きのレシピ

大さじ調味で白ごはんに合うおかず料理研究家の川久景子です。今回は低カロリーでうれしい「鶏ささみ」をたっぷり使った春巻きレシピをご紹介します。

ささみと一緒にチーズと大葉を包んで巻きます。調味料は少ないですが、チーズのコクと大葉の爽やかな風味が加わり、とても食べやすい味に。

春巻きの皮から透ける大葉も見た目を楽しませてくれます。

では、さっそく作りましょう。

著者/川久景子

大さじ調味で白ごはんに合うおかず料理研究家。フライパン調理が得意。企業のレシピ開発、Web媒体中心に活動中。動画撮影・編集も自ら手がけ、企画立案も行う。年1回一人旅でご当地食材に出会うのが楽しみ。

鶏ささみのチーズ春巻きの材料(4人分)

具材

鶏ささみ

10本(500g)

大葉

10枚

スライスチーズ

10枚

春巻きの皮

10枚

揚げ油

適量

下味調味料

1g

粗びき黒こしょう

0.5g

大さじ1/2

水溶き小麦粉

薄力粉

大さじ1

大さじ2

鶏ささみのチーズ春巻きの作り方~準備編~

1.まずはささみの筋を取り除こう

ささみについている白い筋を取り除きます。筋の両端に包丁で軽く切れ込みを入れ、フォークで肉を押さえるようにし、片方の手で筋を引っ張るようにすると、スルスルと取り除くことができます。これをすべてのささみについている筋に行います。

多少、ささみの形が崩れても、後で小さくほぐすので、気にせず筋を取り除きます。

筋が残っていると、食べる時に引っかかりになり、食感が悪くなるので、手間になりますが、筋はすべて取り除いてください。

今回はフォークで押さえて取り除きましたが、包丁で筋の両端に切れ目を入れ、筋を下にし、45度に傾けた包丁の背を滑らせるようにして動かして筋を取ることもできます。

2.ささみに下味をつけよう

筋を取り除いたささみを耐熱ボウルに入れ、下味調味料を加えて手でもみ混ぜながらしっかり馴染ませます。塩と粗びき黒こしょうがかたまりにならないようにしながら、均一に馴染むようにします。

ラップをふんわりかぶせ、電子レンジで600Wで2分加熱します。ラップをぴったりかぶせると、電子レンジ加熱時に膨らんで破裂する恐れがあるため、少しラップに余裕を持たせるようにかぶせてください。

3.大葉のかたい部分を取り除く

ささみを加熱している間に大葉を水洗いし、乾いた布巾やキッチンペーパーで水分をしっかり拭き取ります。

大葉のかたい茎を切り落として取り除きます。かたい茎が残っていると、春巻きの皮で巻いた時に茎が皮を破き、焼いている時にそこからチーズが流れ出てしまうため、茎は取り除きます。

これを10枚すべてに行います。

4.ささみを細かくほぐす

電子レンジ加熱したささみのあら熱をとったら、手で細かくほぐします。

ささみは厚みがあると春巻きの皮で巻きにくいので、長さはあっても、厚みがでないようにほぐします。

水溶き小麦粉を小さめの器に混ぜ合わせて作っておきます。

鶏ささみのチーズ春巻きの作り方~調理編~

5.春巻きの皮で巻いて包む

春巻きの皮をひし形に置き、中央よりやや奥に大葉、手前にチーズ、ささみの順に置きます。

手前から包むように一回巻き、両端に水溶き小麦粉を塗り内側に折ります。

上端に水溶き小麦粉をつけ、最後にぐるりと巻き上げて包みます。特に最後につける水溶き小麦粉は皮が剥がれないようにしっかりつけます。

これを合計10個作ります。

6.フライパンで春巻きを焼く

フライパンにサラダ油を熱し、巻き終わりを下にして春巻きを並べ入れ、揚げ焼きにします。今回、具は事前に火が通っているので、皮がパリッとこんがりきつね色に色づけばいいだけなので、油は少なめの揚げ焼きで大丈夫です。

7.全体にこんがり焼き色がつけば完成!

巻き終わりの皮が焼けたら、転がしながら全体に焼き色をつけます。あまり長く加熱しているとチーズが流れ出てくることがあるので、加熱は短時間で行います。

焼けたら油をきり、器に盛りつけて完成です。そのままでもおいしいですが、お好みでケチャップをつけてどうぞ。

いざ実食。チーズとささみが絡まっておいしい!

熱々はチーズがとろりと流れ出てきてしっかりささみに絡んで濃厚な味があと引くおいしさです。大葉の爽やかな味が最後にしっかり感じられ、とても食べやすい仕上がりです。ささみは事前に電子レンジ加熱して火を通しておいたおかげで、肉質がかたくならず、やわらかい状態を保ったまま春巻きの皮に包まれて焼いているので、焼き時間が短い分、そのままの状態で仕上がっています。

何もつけなくてもおいしいですが、ケチャップをつけることで甘さと酸味が加わり、新しい味つけに。

アレンジもいろいろ!梅パターンもつくってみては

春巻きの皮で巻く時、ささみに練り梅を大さじ1/2程度のせて巻くと、梅の酸味がチーズの濃厚さに負けず、さっぱりとした味に変わります。練り梅は加熱しても風味が落ちないので、ぜひお試しください。

enjoy cooking!

鶏ささみなら低カロリーでヘルシーな春巻きができる

時間が経っても味が変わらないので、お弁当のおかずにも使えるとても便利なおかずです。チーズでしっかりささみを包んでいるので、どこから食べてもしっかりこのふたつの味が楽しめます。大葉が春巻きの皮から透き通ってみえるのも美しい仕上がりのポイントです。

今回はささみを使いましたが、鶏むね肉を使ってもおいしくできます。その際、鶏皮は取り除き、電子レンジ加熱はささみより長めにしてください。